当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

記事一覧

食生活と生活習慣病

病気の原因(げんいん)には、病原体、有害物質(ぶっしつ)などの外的環境(かんきょう)要因(よういん)や遺伝子(いでんし)異常(いじょう)な どの遺伝(いでん)要因(よういん)ばかりでなく、食習慣(しゅうかん)などの生活習慣(しゅうかん)要因(よういん)も深く関わりがあります。 続きを読む

健康と運動

運動すると、虚血性心疾患、高血圧、肥満などになりにくいといわれていますが、本当なのでしょうか。日本生活習慣病予防協会の池田義雄理事長に聞きました。

運動で生活習慣病を予防できるのですか

「1週間に500キロカロリー以上を消費する運動は、それ未満の運動に比べて、循環器系の疾患での死亡率を下げることが疫学調査でわかっています。また 運動は、筋肉の細胞に血中のブドウ糖を取り込みやすくするので、血糖が下がりやすくなり、糖尿病を予防できるともいわれています」 続きを読む

肥満での生活習慣病防ぐ飲み薬

東京大学の門脇孝教授と山内敏正講師らは、肥満が原因となる糖尿病やメタボリック(内臓脂肪)症候群などの生活習慣病を防ぐ飲み薬の候補物質を発見した。エネルギー消費を増やしたり血糖値を下げたりする作用がある。
続きを読む

一無、二少、三多で改善する

生活習慣病とその予防

 病原体や有害物質、遺伝的な要素は疾病の発症や進行に影響します。そして、食習慣、運動習慣、休養の取り方、嗜好などの生活習慣も、糖尿病、高血圧、さらにはがん、脳卒中、心臓病など多くの疾病の発症や進行に深く関わっていることが明らかになっています。 続きを読む

予防と食物繊維

見直される食物繊維

日本人の食生活の変化が、生活習慣病の増加につながり、特に、脂肪の増加や食塩の過剰摂取に加えて食物繊維の減少も大きな原因として指摘されています。 続きを読む

予防と治療の違い

続きを読む

成人病から『生活習慣病』へ
みなさんは、『生活習慣病』と聞くと、おそらく「高血圧」「高脂血症」「糖尿病」「脳卒中」「心臓疾患」「がん」などの病気を思い浮かべられると思いますが、
どうして、これらの病気は『生活習慣病』と呼ばれるのでしょう?

生活習慣病は、自覚症状がない

「いつも元気なので、自分は大丈夫」と思っていませんか。生活習慣病は、自覚症状がないまま静かに進行。30年、40年経って、ある日突然襲ってくる病気です。特に最近は、肥満がきっかけで起こるメタボリックシンドロームが話題となっています。
そんな危険を回避するには、まず病気を知ることが大切です。それぞれの病気が深く関係する生活習慣病の特徴をおさえ、毎日の生活を見直すきっかけにしましょう。
続きを読む

日常生活の注意

生理的な空腹感よりもストレスや習慣といった外的な因子によって食べ物に手が出てしまうことも多くあります。自分の行動に問題がないか分析・認識し、行動を修正していくことが重要です。 続きを読む

肥満症の食事

1 食事で摂取するエネルギー量をコントロールしましょう

  • 消費エネルギーより摂取エネルギーを小さくすることで、体脂肪の減量を図ります。
  • 医師から摂取エネルギー量を指示された方は、指示されたエネルギー量を守りましょう。 続きを読む

生活習慣病の食事

「生活習慣病レシピ」では、基本的には、「低脂肪」「低塩分」「低カロリー」を中心とした食事の献立を提供しています。これらを低く抑えることによって、毎日の健康を保つために、とても理想的な食事を作ることが出来ます。現在、病気になっている、なっていないに関わらず、どんな方にもオススメすることのできるメニューになっています。 続きを読む