当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

一無、二少、三多で改善する

生活習慣病とその予防

 病原体や有害物質、遺伝的な要素は疾病の発症や進行に影響します。そして、食習慣、運動習慣、休養の取り方、嗜好などの生活習慣も、糖尿病、高血圧、さらにはがん、脳卒中、心臓病など多くの疾病の発症や進行に深く関わっていることが明らかになっています。

疾病の発症に関わる要因
厚生省保健医療局生活習慣病対策室

現在、これらの生活習慣病の改善と予防が大きな課題となっています。「生活習慣病」という用語は、従来用いられていた「成人病」対策が、二次予防(病気 の早期発見・早期治療)に重点を置いていたのに加えて、生活習慣の改善を中心にした一次予防(健康増進・発病予防)に重点を置いた対策を推進するために新 たに導入された概念です。

生活習慣病の「代表格」である糖尿病患者さんの数は、わが国では890万人と推計されています。予備軍を含めると2,210万人ともいわれています。ま た、高血圧、脂質異常症といった疾患を有する人々の数は、それぞれ3,970万人、4,220万人と推定されます。中高年の多くの方が何らかの生活習慣病 をもっていて、それが将来重大な健康障害になる可能性があります。これらの疾患について、早期発見と早期治療が急がれています。

このような状況をふまえて、現在、わが国では「21世紀における国民健康づくり運動『健康日本21』」が行われています。この運動は、2010年までを ひと区切りとして9つの分野に関して目標を定め、それを達成すべく国民的な運動を展開していく活動です(2008年の改訂により、運動の期間は2012年 度まで延長されました。それにともない、2010年度から最終評価を行い、その評価を2013年度以降の運動の推進に反映させることになりました)。

健康日本21の対象9分野と主な目標
(各分野に対して、70の目標項目、100の指標を設定している)

9つの分野には、まず、生活習慣に関わる要素として、栄養、運動、休養、たばこ、アルコールの5つが取りあげられています。これに加え、具体的な生活習 慣病として、う蝕(いわゆる虫歯)や歯周病、糖尿病、循環器病(心臓病や脳血管の病気、およびその危険因子である脂質異常症や高血圧など)、そして”がん “という4つの疾患に焦点が当てられています。

これらを可及的に減らし、健康障害を予防していくために、栄養、運動、休養、喫煙、飲酒についての正しい生活を、習慣づけていく必要があるのです。このような目標に向けて、ぜひ実行してほしい健康習慣が「一無(いちむ)、二少(にしょう)、三多(さんた)」です。

一無、二少、三多
一無 【無煙・禁煙の勧め】

» “一無”についての最近のトピックはこちら

一無(いちむ)とは禁煙の勧めです。「タバコの三悪」とは、タバコによってからだに運び込まれるニコチン、タール、一酸化炭素です。こういう身体に悪影響をもたらすタバコについて、「健康日本21」は、特に若年者における喫煙をゼロにするという大きな目標を掲げスタートしています。

一無:タバコの三悪
二少 【少食・少酒の勧め】

» “二少”についての最近のトピックはこちら

二少(にしょう)は、少食・少酒の勧めです。

昔から「腹八分目に医者いらず」と言われているように、暴飲暴食を控えることは、身体の機能を健康な状態に維持していく上でたいへん重要です。食事療法 という言葉がよく生活習慣病で用いられることからも、糖尿病、脂質異常症、高血圧の予防・治療の基本は常に食生活にあります。

二少:少食

もっとも望ましい組み合わせは、主食と一汁三菜、それに果物、乳製品といわれています。よく噛んで、三食を規則正しく食べ、偏食をしないことが重要で す。特に「3つの白を控える」ことと、「食物繊維を豊富に摂る」ことが重要です。「3つの白」の第一は白米・白パンの白、次は食塩の白、そして三番目は砂 糖の白です。いずれも食べすぎ、摂りすぎに注意してください。

二少:少酒

さまざまな生活習慣病がアルコールと密接に関わっていて、大酒をすれば多くの疾病が誘発される可能性が高まります。「健康日本21」のなかでは、アル コールに関して1日20g(日本酒に換算して一合程度)の摂取が望ましいとされています。「百薬の長とはいへど、万の病は酒よりこそおこれ」という言葉も あるとおり、アルコールをたくさん飲める人でも、1日にその程度の飲酒量が望ましいということです。

三多 【多動・多休・多接の勧め】

» “三多”についての最近のトピックはこちら

三多(さんた)は、体を多く動かし(多動)、しっかり休養をとる(多休)、多くの人、事、物に接する生活(多接)の 勧めです。運動については、「2本の足は2人の医者」という格言があります。この格言に則って、良く歩きましょう。身体活動をできるだけ多くして、しっか り毎日の生活の中で維持しましょう。そして、身体を動かした後は、しっかりと休養をとることが重要です。メリハリのある生活は、健康長寿には欠かせない要 素です。

三多:多動、多休

そして、多くの人、事柄、物に接して、創造的な生活を行うこと。年がいくつになっても社会に貢献できる、そういう心持ちが若さを維持させてくれます。そ ういう生活を送ることができるように工夫を凝らし、何かを常に創り出すような趣味をもつことをお勧めします。例えば俳句や絵を描いたりと、必ずしも仕事と は関連がなくても、趣味豊かに創造的な生活を送ることが健康長寿に欠かせない条件です。

三多:多接

 

 

出典:日本生活習慣病予防協会