当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

塩分を控える

塩分は血圧を高くする原因のひとつです。日本人の塩分摂取量は平均で1日11~12gですが、高血圧の方は1日の塩分量を6g未満にすることを目標としましょう。

食品中の塩分量

食品中の塩分量の表

塩分を減らすコツ

塩分の高い食品を避ける

漬け物、梅干し、塩辛、干物などの塩分が多い食品は控えめにしましょう。ちくわなどの練り製品、うどんや パン、ベーコンやチーズなどの加工食品は、舌で感じる以上に、塩分が多く含まれているので気を付けてください。食べる時は、できるだけ減塩表示のあるもの を選ぶようにしましょう。

ラーメンのスープやうどんのつゆは残すようにしましょう。

味つけを変える

挿絵

しょ うゆやみそなど、塩分の多い調味料を使う量を減らし、できれば減塩タイプのものを使うように心がけましょう。塩分の多い調味料のかわりにレモンやお酢など の酸味や、濃いめにとっただしの旨味をうまく使った味つけに変えてみましょう。しょうが、こしょう、バジル、ごまなどのスパイスやハーブなどで味つけを工 夫すると良いでしょう。

出典:アステラス