当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

肥満症の運動療法

肥満の程度によって、ウォーキングや水中運動など有酸素運動を継続して行います。肥満の状態によっては膝などの関節をいためたり、肺や心臓などの内蔵に負荷を与えかねません。負担の少ない運動から徐々に始めていきましょう。
また、筋肉トレーニングも有効です。筋肉量を増やすことで消費エネルギー量を

アップさせます。加齢により筋肉量が減っていくと基礎代謝も下がり、生命維持のために消費する最低限のエネルギーの消費量がされにくくなります。高齢になってからでも筋力を上げることはできますので、無理をせず取り組んでみましょう。

準備運動(ウォーミングアップ)と、整理運動(クールダウン)も大切です。
怪我の予防と疲労を残さないために、筋や関節をほぐしたり、伸ばすストレッチが効果的です。

■生活習慣病世代の運動量
運動量の目安は、厚生労働省の「エクササイズガイド」を参考にすると良いでしょう。
日常生活の中の「生活運動」と、スポーツや趣味の「運動」の運動量を、強度と時間で示しています。身体活動の強度について「メッツ」、「メッツ」に時間をかけたもの(「メッツ」×時間)を「エクササイズ」という単位で表し、生活習慣予防のためには、3メッツ以上の身体活動を週に23エクササイズ以上行うことを目標とします。

出典:健康Salad