当サイトについて

高血圧や糖尿病をはじめとした症状、治療、予防法や改善方法まで、
生活習慣病の改善に向けて理解を深めるサイトを目指します。
専門医師はたったの400人しかいません。

高血圧、糖尿病は国民病とも言えるほど身近な存在です。
日本人の2~3人に1人が高血圧、糖尿病患者と言われており、
その数は約4700万人に上ります。

しかし、高血圧の専門医師は全国でたったの400人
糖尿病の専門医師も少なく、わずか3,400人程度と言われています。
続きを読む →

生活習慣病はどんな病気?

糖尿病、高血圧症、脂質異常症、高尿酸血症や

これらが元になって起こる脳梗塞や脳出血などの脳血管障害、

狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患、さらに悪性腫瘍(癌)や

肝臓病、骨粗鬆症などの総称です。

以前、これらの疾患は「成人病」と呼ばれていましたが、

近年の生活様式の変化により、成人だけがかかるものではなくなってきました。

しかも、こうした疾病の発症や進行には、

食生活・運動・休養・喫煙・飲酒などの個人の生活習慣が

深く関わっていることが明らかとなってきたことから、

「生活習慣病」という呼び名に変わりました。

「生活習慣病」は発症してしまうと完治することが難しく、

さまざまな合併症を引き起こす危険もあります。

発症する前に予防することが重要ですが、

そのためには、ひとりひとりが自身の生活習慣を見直し、

実践していく必要があります。

出典:同仁会